blog

2020年2月 休業日

 

 

 

2月の休業日予定です。

 

通常営業日でも引き取り、納車、車検持ち込み、試乗、その他不在になる場合がありますので遠方よりご来店の方はあらかじめご連絡頂きますようお願いいたします。

電話に出れない場合もありますので留守番電話にメッセージを残していただくか、ホームページのお問い合わせメールフォームより、ご連絡ください。三日以内に必ずご連絡致しますので、ご連絡がない場合は再度、問い合わせしてください。

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

尚、お仕事が水曜日定休でご来店が難しい方は臨時営業にて柔軟に対応させていただきますのでご相談下さい。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

業務連絡ブログ FLH その3

 

ショベリジ 👍コンディションになりたい。。&キックスタートの極意

バルブガイド製作シートカット完了。組んでいきます。

 

オリジナルガイド&オリジナルシールでくみ上げ。写真ないですがシールを組む時はバルブの段のところでシールがいきなり傷つかないようにセロハンテープで保護しながら組みます。

ヘッドガスケットはファイヤーリング、ここは絶対ケチらない。

油圧プッシュロッド調整はゲージを使用したり、何回転戻しみたいなやり方はせず、「油圧をほぼソリッド」に組みます。これにより、長期間エンジンをかけなくても油圧の低下が無く、すんなりかかるエンジンになります。走行時のタペット音もないのでこれが一番好きです。

ただ、この調整方法は調整時に誤ってキックをするとエンジン破壊というリスクがあるので人には教えません。(責任とれないので)

キックしないように写真はキック外してますね。。。

 

 

これはキャブのステーを本締め固定した時にマニホールドが一番いいポジションに居るかのチェックです。

ステーを締め付けた時にマニが引っ張られてしまう時がありますがキャブを組んでしまうとよくわかりませんので単体でチェック。

 

元々のマフラーがステー無しでそのままだとヘッドのネジ飛んでしまう感じでさらに気に入ってないマフラーだったので変更。

リクエストの2イン1マフラーはミッドコントロールだと付かないだろうなーとふわっと思いながら「なんとか付きますよ」と簡単に言ってしまい

ほぼフル製作(笑)

はい。完成でございます。

Eキャブに変更

 

 

乗ってみたらアレっってなってクラッチもディスクなど交換。

カスタムロッカークラッチはヤレ仕様。

とっても乗りやすくなって最高です。

ピカピカ嫌いなオーナー様のためにマフラーもええ感じにしときました。

 

冷感時始動が1時間かかっていたのが1分に(笑)

ここでキックスタートの極意(個人的意見)

〇始動時キャブからくしゃみ→薄いので空キックやチョークを利用してガソリンを濃くしてください。

(”クシュッ”の次のキックは排ガスがエンジン内に滞留していてかかりません!空キックからやり直すのが大事)

〇始動時うんともすんとも言わない→ガソリンが少なすぎor多すぎ

少なすぎ→コックオン確認して問題なければチョーク、空キック多めで再トライ

多すぎ→プラグ濡れてますのでプラグ交換して再トライ

〇空キックも手を抜かずに本キック並にしっかりと蹴ること

〇二週間以上乗らなかったらキャブ内のガソリンを一度捨ててからコックオン

(キャブ内のガソリンは酸化が早いです)

〇疲れたら休む(ヘロヘロキックだとかからない時あります。)

 

*厳密にいうとEキャブはチョークとは構造が違ってエンリッチナーって名前ですが、ややこしくなるし、もうチョークでいいです。伝わればいいです。

 

 

上記の方法で数回蹴れば大抵かかります。かからない場合はどこかしら不具合があり、その多くは簡単な調整で改善できる場合がほとんどですのでショップにピットインしましょう。

 

 

調整全部やってもダメな場合はエンジンオーバーホールの時期と考えてもいいかもしれません。

 

 

それとキックスタート初めての方に多いですがキックの練習として自宅でエンジン始動して走行しない(完全暖気しない)でキーオフ、始動してキーオフを繰り返すとプラグが完全に焼けずにススが溜まり、練習のせいで始動困難になります。エンジン始動したら走りましょう。30分ほど走れば〇です。

 

始動方のアドバイスなども店頭でよくやってますのでお気軽にお問い合わせください。

楽しいヴィンテージハーレーライフを。

ご依頼ありがとうございました!

業務連絡ブログ FLH その2

内燃機から作業が上がってきまして組立作業に入ります。

 

今回予算の都合上ピストン交換なしでホーニングのみの作業。極力内径拡大しないように加工しましたので傷はとれきれていません。

が、この程度ならエンジンコンディションに影響はないでしょう。

 

いつものシール仕様。

遠方のオーナー様のためにより伝わりやすくと思い、今回動画にしてみました。動画初心者なので細かい編集は温かい目で見てください。

まだまだ続く。

 

 

委託販売 SR400 納車整備

委託販売車両、ご成約ありがとうございます。

格安車両ですので大したことしませんが「走る曲がる止まる」はしっかり整備します。

んー磨くか。と決意した時。。。

ネジクロゾメ

タペット調整、カムチェーン調整、オイル&オイルフィルター交換

ガスケット類交換

タンクとシートがイマイチだったのですが、オーナー様がレストアを断念していたSRを一台所有していてそっちの外装を移植しました。

まるで別車両に(笑)そりゃそうだ。

 

聞けばその外装はご友人の形見だとか。。。思いは受け継がれていくと思います。

中学時代の同級生のお父さんがオーナーです。今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

XS650チョッパー スピードを求めて

XS650が整備で入庫。最高速が伸びないそうです。

マグを取り付けたのちに調子がイマイチとのことで点火時期を確認して欲しいとのことです。

XS用のマグネトーは始動用の遅角レバーがついてますが、ノーマルのガバナとは進角幅が異なるのでマニュアル通りアイドリングで点火時期を合わせると激遅になるので注意。

サクッとタイミングライトでと思ったらマークがない。。。

調べると社外のオルタネーターのようで説明には「取り付け前に点火時期をしっかり合わせてください」と。

優しくねーな。。。

なので円盤でチェック。

しかし点火時期に問題はないよう。。。ふけ上がりもまずまずです。

オーナー様とご相談の上ハッキリとした変化を得るならと、スプロケットギヤ比変更、キャブセッティングのメニューで行くことに決定。

普段あまり出番のない四連ゲージで同調セッティング。

でもワンキャブでもこのツール便利です。

 

わざわざ遠方よりご依頼ありがとうございました!

RECENT ENTRY

CATEGORIES

ARCHIVES

ページの上へ