blog

カテゴリー: 46WL

46WL

  • 2020.01.23|
  • 46WL

WLレーサーをリメイクして公道仕様のヴィンテージボバーを製作します。

いきなりフルコントロール完成の写真。

元はレース用にちょこんとしたステップが付いてましたが、足が窮屈なのと、ペダルが踏みづらいので乗りやすくしてほしいとのリクエスト。

WLで定番のステップ位置だと後ろ過ぎる。どーしてもステップ位置を前に少し移動させたいけどステーをとる場所がない。。。

ということで製作。純正のフットボードステーをイメージ

 

ステップ関係はホント部品が多くて製作に頭を悩ませますが、とても乗りやすくなって満足。オーナー様にも納得してもらえると思います。雰囲気もWLに合わせました。

WRTTスタイルマフラーを短く加工して製作。

車体回りの整備も、スポーク破損を発見。よーく点検してよかったです。

リジットのフレームにステンレススポークは相性悪いです。鉄スポークに変更して組みなおし。

 

リアはスプロケットの振れを修正。

マグ、クラッチOH

レーシーなペイントを一新してリペイント。

リクエストでエイジングペイントが良いとのことで私自身も以前から興味あり、試してみたいこともあったのでレッツトライ♪

塗装剥がれ、錆、クラック、クリア剥がれなど、とにかくリアリティを追究しました。ぜひ実車をドアップで見て欲しいですがそーはいかないので動画で。

小パーツもエイジング

エンブレムエイジング前

 

エイジング後

謎のシミつけるのも自由

ワックスが残ってて固まっちゃってます的なとか

昔タンクモールが付いていて塗装が跡ついちゃってますとか。非常に細かすぎて伝わらないので書いときます(笑)

エンブレムは点錆は茶色、緑錆(メッキの下地の銅が錆びて緑色になること)もうっすら再現。

シフトノブは以前製作したワンオフでこちらは自然のエイジングです。

雰囲気マシマシでエイジング最&高ですやん。

写真ありませんがナンバー取り付けのためのステー等も製作しました。エイジングはどーなるかと思いましたがかなりいい感じに溶け込んでおり、別件で来店された本業塗装屋のお客様にも気づかれなかったので〇でしょう。あとは耐久性ですね。

作業の幅が広がってよかったです。例えばいい雰囲気の車両の部分的なカスタムや作り直しでもこの手法で車体に馴染ませることが可能になりました。

初めの奇麗な状態のタンクを見ればお分かりですが、素地のまま外に放置とかはせず、ちゃんと錆止めの下地から始めてますので、錆による割れや穴あきのトラブルもないと思われます。ヤレヤレマジック。レッツエイジングです。

 

元々調子は悪くなかったので試乗ではセッティングはそこそこにして、コントロール回りを細かく調整、確認。フットクラッチにはスローアウトベアリング保護のためリターンスプリング追加してますね(動画0:15あたり)。戻り側、踏み側両方ともストッパーにしっかり当たる設計でカチッとして非常に操作しやすいです。

非常に乗りやすくなってオーナー様も満足気でした。

ご依頼ありがとうございました!

RECENT ENTRY

CATEGORIES

ARCHIVES

ページの上へ