blog

FLH エンジンOH その3

FLHエンジン続き。奇麗になり過ぎないようにポリ。作業時間や部品待ちの関係であっちやったりこっちやったりしてます。

バルブ新品、相性の良い材質でガイド製作。現代の自動車と同じ仕様のオイルシールを取り付け、ロングライフを目指します。

カムのデータからバルブリフト量と照らし合わせて、ハイカムチェック

シートカット、当たりもバッチリです。

ねじというネジすべて清掃、トルク管理を正確にするためです。

ロッカースタッドは自作のホルダーで

戻りまして腰下に。

ギアラッシュ確認してカム回り仮組してエンドプレイ等確認

 

ソリッドタペットは音が出やすいので細工します。

 

これも前作業者のやり忘れ。ソリッドタペットにオイル圧は必要ないです。オイルがもったいないので

オイルホールを埋めます。

ボルトインのハイカムだったとしても確認は欠かしません。カムの動きが良くわかりますね。場合によってはタペットブロックの加工を行います。

片方ずつ仮組してチェックしてから本組です。

その間にボーリングが仕上がったシリンダーの測定、答え合わせ。信頼している内燃機屋さんですが、自分の目で確認しないと気が済まないのです。

リング合口隙間確認。

マニュアルには載っていませんが

オイルリングは潰すと必ず同じ方向に反る向きがあるので、山になる方をエキスパンダー側に

エキスパンダーは合口を上方になるように僕は組みます。

ピストンはポッチがあるのをカム側とか言ったりしますが、「なぜピストンに向きがあるのか」知っていれば悩むことも間違えて組むこともないです。

 

もちろん合口を各方向に揃えて準備おけー♪

ですがクランクのオイルの回りを確認したいのでここまでにしておきます。

少々説明が易しくなくて初心者の方には?かもですね汗

ですがこの辺の作業をご自身でされることもほぼないと思うので参考までに。

四速ショベルチョッパー キック修理&メタルスライム

キック始動時に引っ掛かりや、抜けがあった四速ショベルチョッパー。

そのまま乗り続けても良くはなっていかないのでキック分解修理です。

 

動画は左下に▽出ますのでクリック!

負荷がかかるここのネジはよく緩んでいることが多いですね。

 

動画は左下に▽出ますのでクリック!

キックギヤはエンジンがかかっている間は走行時でもアイドリング時でも常に回り続けているので摩耗が比較的早いです。オイルの管理をしっかりすれば寿命も長くなりますが。。。

そしてここにガタがあると引っ掛かってギヤ抜けが起きたりします。キックの場合は「ギヤ抜け」「引っ掛かり」「キックが戻ってこない」「勝手にキックアーム一回転」など故障の症状はさまざまで、原因もそれぞれ違います。

今回も開ける前に「あそここーだろーなー」と予想できたので分解前に提示したお見積り通りで作業できました。

ちなみにここの摩耗は「引っ掛かり」や「アイドリング中にもずっとガラガラ音」の故障につながります。

 

 

ギヤも摩耗してるので新しいギヤを購入しましたが、シャフトも摩耗してますので新品ギヤでもブッシュはルーズ。。。

サイズを合わせるためにブッシュ作り直しです。これも想定内。

削りすぎたら①からやり直しなので慎重に。

 

まだちょっとキツメの時。ダミーのシャフトはラッピング用にわずかに径を旋盤でひいて細くしてあります。

 

ガタなくスムーズになったらオーケー!!

当初の依頼はこっちでした♪持ち込みのいろんな意味でレアなパーツをシフトノブに♪

 

配達納車で完了♪ありがとうございました!

FLH エンジンOH その2

今回のOHはここまでの分解プラン。とりあえず洗浄、汚れだと思っていたらペイントのエンジンでした。通りで落ちないわけです。

ひたすらワイヤーブラシしか方法がありませんので本当にひたすらゴシゴシ、作業の合間でも気が向いたらゴシゴシ、帰る前にゴシゴシ。

エンジンのルックスも今回はあんまり奇麗すぎる感じだと違うので様子を見ながら♪

リクエストのタイミングホール修正。これならリコイルで修正可能です。

配線は修理された後あり。発電は確認していましたが、この状態なので後々のことも考え、オーナー様にご了承頂きましたので交換の方向で。

タイミング確認用のクリアプラグが使えるようにオーバーサイズではなくリコイルでSTDサイズに再生。

カム回り分解

僅かな違和感があったら必ず作業ストップ。原因がわかるまで調べます。キー溝周辺の寸法、3/100ミリ変形による渋さ。修正、研磨で再使用します。

こちらの車両はオイルポンプが社外のものに変更されていました。僕の予想ですが、前後のシリンダーが異なっていることから、以前OHをしたのちにFピストンピンクリップが外れ、フロントシリンダーに深い傷が入り、シリンダー死亡、Fのみやり直し、破片がオイルラインを回ってしまい、ポンプも同時に死亡、交換、という感じだと思ってます。

ピストンピンクリップだと思った理由は、シリンダー交換するほどのよっぽどのダメージがあったことと、ピンクリップが前後のピストンで異なるタイプを使用していたため、前作業者が対策と考えて部品を選択したのでは?と考えたからです。

 

そこまではよかったのですが、交換したポンプが年式と合わず、リリーフ機能していませんでした。

リリーフとは高回転時にオイル圧力が上がり過ぎた場合に逃がすことです。

この車両はそれが出来ていないまま走っていたようですね。圧が必要以上に上がるのでオイルはどこからか逃げたくなってオイル漏れ多発していたんだと思います。

旧車ハーレーオイル漏れは当たり前

残念ながらこういった人災被害を受けた車両を数多く見かけるのも事実です。オイル経路を間違えていてもポンプ自体の取り付けは可能なので。。。

この辺は年式により細かい違いがあるので注意です。ご自身の愛車は大丈夫でしょうか?

冶具を利用してナナメ穴加工、ドリルが折れたらケース終了なスーパーエキサイティング加工、確実に穴あけ。

 

圧が上がり過ぎた時にケース内に戻す仕様です。

これでよし!

プライマリーへのオイルシステムはすでに変更されていました。

ゴムキャップやホースにネジを刺すやり方だとオイル止めきれずににじむので、ネジプラグで確実に。

こんなのでチェックボール当たりもチェック。久々のエンジン始動でブリーザーからオイル吹く車両はここをチェックですが、多くの車両の原因は別にあります。がそのお話はまたの機会で。

 

仮組して手でポンプがスルスルに回るまで調整。負荷の少ないエンジンを目指します。

オッケーならもう一度ばらして確認、給油して本組。時間が掛かる理由は仮組→分解→本組と組んだりばらしたりなんてやっているからです。また、場所によってはココ組んだらここチェックできんな~みたいな感じなので考えながら進めています。

 

オイルポンプの件もそうですが基本、他人の作業は疑いまくりで作業を進めます。元の通りに組むなら誰でも出来ますね。

ほとんどの時間を確認に費やします。その時間は決して無駄ではありません。何事もなく進むことが良いですが、ショベル以前の車両だとそんなケースは稀ですし、むしろその逆パターンが多いですね。。。

このシリーズは少し長引きますね。作業の方も最後まで気を抜かずに進めます。

 

FLH エンジンOH その1

エンジン暖気後に金属系のキンキン音、マフラーから白煙、気持ちよく走れないのでこれを機にエンジンOHすることになりました。

奇麗な車体を維持されてますね。大切に乗られていたのがわかります。

プラグはオイルで塗れてしまっています。

 

少し、二次エアーの痕跡

確認しつつ、こーなのかも、あーなのかもと想像しながら分解、

これ私初めてなんですが、ヘッドがフレームに干渉して出てきません。

プライマリー周辺のオイル漏れもやる予定なので先にプライマリーバラしてエンジンをずらす羽目に。

その他もフルドレスのショベルはあれ外すのにもあれ外さないとって感じで結局全部バラさないとアクセスできん感じで大変です。

デロデロっす。

ずっと気になってましたが前後でシリンダーが違いますね。おまけにガスケットまで。

理由は後程判明。まぁ予想の域はでませんが。。。

さんざんショベルのO/H風景もネット上であれこれと乗ってますのであまり見かけないことでも載せてみます。もちろん見飽きたようなものも載せます。

 

 

精密な測定には温度管理が大事です。20℃の時に正確な数値でますよってこと。

でせっかく温度管理したとしても手で温めてしまっては意味無いので、マイクロメーターの表示の黒い部分を持ちます。

ここは熱を通しにくい素材になっております。

 

スプリング測定(撮影用なのでテキトーです)

ここで問題あり。それも後程。。。

写真だけで気づいた人はお見事です。

 

一通りチェック、計測、完了して洗浄作業に入ります。

化石ガスケット剥ぐだけで一日。。。

右がアルミナ仕上げ、左がガラスビーズ仕上げ。

ガラスビーズの方が奇麗になるし、残ったアルミナを取り除く効果があるので最終的にガラスビーズ仕上げで。

先は長いですが今から完成が楽しみになってきました。

モトグッチv7 キャリア加工

モトグッチV7 キャリア加工のご依頼。やや遠方ですが、当店を選んで頂きありがとうございます。

そーゆーの嬉しいですね!

社外品のキャリアを購入したものの、少し大げさ過ぎるので短くしてほしいと。

二つ返事でOKしましたが、実際確認してみたら結構大がかりですね(笑)でも大丈夫♪やってみましょう!

明確なイメージがあるので作業しやすいです。あとは実車で寸法をオーナー様と確認してから作業スタート。

 

オーナー様の絵がうまい。。。落書きみたいな絵でお客様に説明しているワタシちょいハズカシイ。。。。

 

いったんばらしてー

こんだけ短くして背を低くしたい。

頭の中ではかなりスムーズに作業が進むんですが、その通りになるのは稀なパターン。

水平器とかも使います。

あかん。長さも足らなくなったよ、の図

バイスクランプを上手く使って溶接しますよーってことを言いたかったと思われる写真。

後ろ部分は足らないので全部製作。

オーナー様に確認もしてもらってOKです。お土産ご馳走様でした。この後メッキ屋さんへ。

メッキ加工や塗装作業などは2週間(目安)ほどお時間かかります。製作系はトータルでそこそこ期間を下さい。

 

んで二週間後。メッキ完成♪

全体のバランスや雰囲気もマッチしていてこれならずーっと付けっぱなしでも〇ではないでしょうか。

オーナー様のご自宅とグッディーズの中間地点あたりで集合して納車。遠方よりご依頼ありがとうございました!また次回も宜しくお願い致します。

ページの上へ