blog

CB750K1

CB750K1路上復帰目指して整備、車検です。ご依頼ありがとうございます。

リクエストのオイルドレーンボルトからのオイル漏れ修理から、マフラー外してオイルパンも外して掃除してからチェック。

ネジが飛んでますね。最後は液体パッキンを塗っておいたそうです。走行中に外れたらと思うと危険ですね。。。

内側確認しますとストレーナーの逃がしでC形状になっていてネジ長が短いですね。

アルミ溶接で高さを出して

フライスで面だし

リコイル修理。ステンレスのネジを入れますので強度アップ

ガスケットの当たりもバッチリで完璧です。ドレーンボルトをオーバーサイズ、オイルパン交換、修理方法はいろいろ選択できますが、自分なりに考えて一番長持ちする方法しました。ドレーンボルトの脱着頻度が一番多いですから。これでジャンジャン気にせずオイル交換してください。

 

車体の方はゴリゴリのネックベアリングを

テーパーローラーベアリングへ交換

こんがりブレーキも

セルモーターの空回りも修理。キヤ&ワンウェイクラッチ交換

スピードメーターのオドが作動せず、車検に引っ掛かりますので修理。

こちらはあれなので詳細は伏せます。。。

 

タイヤ、チェーン交換、FフォークOH、車検取得して試乗、いつものコースで完成です。ご依頼ありがとうございました!!!!

XLCR 車検整備

珍しい車両が入庫しました。XLCR、ハーレー純正カフェレーサー。

国内未登録車を個人購入されたそうです。乗り出し整備と新規三年車検登録を当店で。ご依頼ありがとうございます。ぱっと見いい感じですが長期保管、状態もわからないのでドキドキです。

キャブ、点火、確認してバッテリー交換、とりあえずエンジン始動してみます。

問題なさそうで一安心。オーナー様とご相談の結果、エンジンは開けずにこのままいくことに。

タンクは錆、&旧コーティング剥がれ、旧コーティングを剥がすところからの一番厄介なパターン。

ヤーッ!!!

ニューチェーン

ブレーキは全部× 固着で分解も時間かかります。社外にまるまる変えれば早いし、新しくなるけどそれじゃ意味ない。。。。

ディスクローターも引きずりによってあり得ない反り返り。原因を改善せねば。

 

レストアとは固着、ネジとの闘い。無事に緩んで「ふーっ」っと安心してますね(笑)

クラッチOH、ライトスプリングへ交換

 

FフォークOH、タイヤ交換、新規3年登録して完了です。と思いきや、そこから配線トラブルちょいちょい、なんやかんや直してその次はクラッチが滑り出す。。。

いつ納車できるのやらって感じです。。。やはりどうしてもクラッチ軽い=抑える力弱いので滑りやすくはなってしまいます。でも元のレバーが重たいスプリングに戻すのも悔しいので、再度クラッチ分解、プレートやクラッチクリアランス、仕様オイルなど見直しました。

念のため200キロほど長めに試乗しようと思って試乗していましたが、メーターがマイル表示でしたのでとっくにクリアしてました(笑)

今回はなるべく予算をおさえようとせず、クラッチ周辺部品は全部新しくしてしまえば良かったかもです。

まぁその辺メカニックの判断も技術の内ですね。まだまだです。勉強させて頂きました。当店では重複した作業の工賃は頂いてませんのでご安心ください。

以外と速いし、細かいこと気にせず走れるし、なによりかっこいい!

また何かございましたらよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

883スーパーロー

中古車探し、販売も一応やっています。(笑)

883スーパーロー、インジェクションモデル。ワインレッドがなかなか見つかりませんでした。黒なら数あるみたいですね。

車検整備、登録、今回はタイヤ前後交換、バッテリー交換、高年式って素晴らしい(笑)

バッテリー充電器を取り付けサービス。インジェクションモデルのハーレーは暗電流(キーをオフにしているときに流れる電流、時計やエンジンデータのバックアップに使われる)が多いせいか、しばらく乗らない期間があるとバッテリー上がり起きやすいので充電器は必須です。

ツーリング前日から充電しておけば朝バッチり。いざ出発ってときにバッテリーが。。。ってならないように♪

そんなのやったことないけど。って人も寒い時期に突然経験するかもです。

 

ワコンペイントワークス様に全体にピンストライプを入れて頂きました。オシャレなバイクになってしまった。

タイヤはブリジストンH50

 

これから免許取得の女性オーナー様です。エンジンガードもついていて安心です。

ご夫婦揃ってハーレー乗りになられました。そういうの素敵ですね。

ご依頼ありがとうございました!

ショベル リジット

大型限定解除、夢だったハーレーの購入、ホントはショベリジ乗りたい。。。だったら乗ってくださいサポートしますんで。金かかる趣味ですが中途半端じゃ楽しくないですよ。

カスタムオーダーですと納期にお時間がかかり、それまで待てないってことで中古車探し。

買ったときは上の写真。ちょっと初心者にはキツイ(笑)

ハンドルとかは変えればいいんです。大事なのは書類がちゃんとしているかとエンジンのコンディション。

 

いつも通りダメなとこは納車整備で直しておきます。

スローアウトベアリング点検でキックカバー分解。オイル交換したらドレーンボルトがずっと閉まらない、辛い。。。

ミッション脱着してヘリサート修理

 

ロッカークラッチも踏みやすいように加工

マフラーも、雰囲気を変えたくないので元のマフラーを加工。限られた材料で作るのは普通のワンオフより大変。。。

 

雰囲気変えずにしっかり整備&乗りやすさを重視してカスタム。

雰囲気変わってないですがいろいろ手間かかりました。ホント乗りやすくて、走ってて「楽しー♪」って感じです。

初心者さんなので最初の壁キックスタートもクリアできるよう、始動性を重視してすべての調整を詰めました。動画は暖気後です。これだと手でもかけられます。

冷感時でも正しい知識があれば、苦戦せずに掛けられるでしょう。

 

 

 

 

 

何度かお店に来てもらいキックスタートの練習、&講習、 田んぼ道でロッカークラッチの練習、

見事合格で納車。ご依頼ありがとうございました!

ショベルリジット 車検整備

約7年ぶりの眠りから復活作業のご依頼です。以前は調子良く乗っていたそうですが年数が経過してますのでくまなくチェックしていきます。

 

クラッチシェルの内側がりがりですね。ここはシェル交換、ではなく、一番奥をスティールプレートにしてクラッチディスクの枚数を変更してしまう裏技で対応。シェルを交換しなくて済みます。

センターのプッシュロッドシール、おそらくシールを二つ入れているんですが、プッシュロッドが届いていないので意味ないですね。ググるのも便利ですが、よく観察して良く考えて作業するのが大事ですね。

ハブナット修正

シール交換はSSTを使用してマイナスドライバーでガンガンやったりしてケースを痛めないように作業しました。

取付はトルクレンチで。メインシャフトのキー溝が衝撃で崩れたら。。と思うと恐ろしくて僕はインパクトレンチは使えません。。

リクエストのシール交換&25T!!クラッチはジャダ対策済み。

 

シフター類ガタガタでカラー製作。

以前は真鍮ブッシュ&オイルレスでした。ロッカークラッチも軽くなるように加工。

持ち込みのEキャブに変更。落下によるものと思われる歪みを見逃さず、修正&OHしてから取付。

クラッチを調整しようと思ったらうまくいかず、キックカバーを開ける羽目になり、で、開けたらこの状態。定番のクリップ外れですね。

社外ミッションで爪の高さがうまく調整出来ないようですね。調整した形跡すらありませんが。。

ワッシャー製作、爪加工して爪がクラッチのど真ん中にいくようにセッティング。

爪が硬くて削れないので超硬エンドミル使いました。

ドラムボルトが緩んでいたので増し締めしたら折れました。おそらくブレーキを踏むたびにガタがあるので負荷がかかっていたのでしょう。ここはズレないようにテーパーのボルトになっているのに緩んでいたら元も子もないです。

まぁ次から次へと出ますね。そのほとんどが人間による災害じゃないですかね。

それでもなんとなく走れちゃうのがハーレー?壊れる、金かかると評判が悪くなるのは可哀想かな~。

 

点火、プッシュロッドも調整し直して車検取得。まだまだ手を加える余地がありましたがひとまず完成。ご依頼ありがとうございました。

ページの上へ