blog

カテゴリー: リペア

ショベル リッチモンドカスタム&車検

車検前に待ちきれないということでリクエストのリッチモンドシフトカスタムで入庫しました。いつかはオープン化とのことで今回プライマリー外すし、二度工賃もったいないので今回一緒にオープン化オススメしました。

お持ち込み頂いた取り付けステーは転倒時にエンジン破損の恐れがあり、恐ろしいので却下させていただきました。

転倒時にガードになるように製作します。もちろんカッコも良く(・∀・)イイネ!!

ネジヘリサート加工は想定内

造った感ない感じで車両に似合うよう製作。売ってませんのでご注意ください(笑)

オープン化時にオイルシールを純正と逆に組み直しますが、すでに間違えて組んでありました。。。そのままで。

 

車検前に完成しましたが、納車後すぐにリアブレーキ引きずり、車検のタイミングなのでそのまま再預かり。。。

見始めるといろいろ出てきます。

預かり車両をよーくチェックして脅しのようにあれこれ作業を進めたほうが良いのか、否か、それをなるべく予算内に。。。この辺は永遠のテーマです。

 

聞けば以前ブレーキが効かなくなったことがあり修理経験があったそうで。。

 

オーナー様が気にならない些細なことでもお話してもらえると原因追究時間が短縮になります。特に謎のエンストや始動不良などは根掘り葉掘り事情聴取します(笑)

 

プランジャーのピンがボルトになってるのも嫌ですが、ステーの下が取り付けされていません。

フレームにあるはずのタブがカットされています。

隣にあった製作中のショベル。ここにタブが必要です。純正はもっと背の高いタブですが、なるべくオイルポンプのメンテナンス時に邪魔にならないようにスモールに。

フレーム固定の重要性、プランジャーがマスターシリンダーを押す力と同じ力がプレートに掛かります。(作用反作用の法則)下側の固定がないためプレートが逃げてます。ステップが動いているのがわかりますね。ミッションもこれだけ不可が掛かるとズレやすいでしょう。

力が逃げている分ブレーキの利きも悪いです。FXタイプコントロールに限らず、カスタムされたハイステップミッドコンなどは自分が見かけた限り、ほとんど同じようなことが起こっています。

もちろんマスターシリンダー側の固定も重要ですよ。そしてプライマリーベルトorチェーンの調整を考慮して長穴にする必要があります。ペダル側はプレートの穴が長穴になっています。

 

漏れてるのもアカンですが、なんか突っ込まれている??

ブレーキティーを支えているのはブレーキパイプ。。。

入れ込んだ棒の径がプランジャーと異なることから、店に転がっていた短いプランジャー取り付け→届かない→中につっこんどけ→ブレーキパイプのFXタイプは現在入手不可→短いので繋いじゃえ

といったところでしょうか?

ブレーキプランジャーが細いのは圧力を高めるため。スニーカーよりもハイヒールで踏まれた方が痛いのは圧力=力÷面積だからです。(特殊な人しかハイヒールで踏まれたことないと思うけど想像してください)

ただ、細いと軸方向以外の力に弱い。なのでピストンに窪みを作って力がブレないようにしてあります。

リアブレーキ一新が必要です。

錆も多く、直ぐに交換を判断。シリンダーをペーパーで磨いてバッチリになった経験ありません。

 

 

ヤレヤレ派の方や屋外保管の方に多いですが、何もしないと中も錆びます。過去に早く雰囲気を出したくて、雨ざらしにしてプッシュロッドの中が錆びつき、不調になった車両がありました。

ヤレヤレでもメンテは欠かさないでほしいです。どうしても屋外保管になってしまう方は、コマめなグリスアップをして赤錆にならないようにして下さい。スプレータイプのグリスと歯ブラシなどを使うと手も汚さずオススメです。

更に前期バナナキャリパーはそもそも構造上欠点がありますので交換。長くなってしまったのでその二に続く。

ショベルリジット エンジンOH

他店で購入、他店で車検、その後、始動不可。。。

そーゆーショベルが跡を絶ちません。ご購入を検討させている方はご予算の都合や早く乗りたい気持ちがあるのはわかりますが、ヴィンテージモーターサイクルは車両探しに時間を掛けて、良い車両と出会うことを願います。むしろ調子抜群なショベルが町に溢れることを願います。

 

バラシ前のチェック。リアが被っております。

お預かりした時に自分が鬼キックしたらタンタンタン!!!と単気筒のようでした。

原因は安物ガスケット使用の為、ガスケットが飛んでオイルラインからオイルを吸ってしまったようです。

 

 

上もダメそうでした。

全体的にOHして間もない雰囲気でしたが、各パーツの虫食い等が酷く確信犯的でした。

 

結局クランク以外やり直しです。

バルブスプリングが見慣れないカラーが付いてるなー

なぜ強化スプリング用?

左が元々組まれていたスプリングで、右が取り寄せた純正タイプ

右はまだ余裕があるのに対して左は潰れ切ってます。

なるほど、それで潰れ切っちゃうと困るので強化スプリングカラーで緩ーくしとけばぶつからないって感じですね。

でもそれだとスプリング弱くなってしまうな。。。乗ってたから問題ない?いや、もともと調子良かったかも分からないので全部純正と同様、マニュアル通りのスプリング圧力に組み直します。

プラグネジ部はリコイル修理がびよーんてなってて残念だったので今回スリーブ加工でバッチリに直しておきました。

もうここのシールの組み方間違えてても驚かなくなりました。。。

 

エンジン積んだらベルトが緩いのに気づいてアライメント調整しようと思ったらミッションのワッシャーもぐにゅぐにゅでここはゴツワッシャーじゃないとだめですよ。

一度組んで完成。試乗して絶好調でプラグの焼けもバッチリでしたが、どーもメカノイズが気になってカム周りやり直しました。

カムも交換してカムタイミングも合わせて、ギヤは相性があるので元々のギヤを使用したんですがそれが緩かった模様。つまり元々音が出ていたんだと思います。(預かり時はすでに単気筒状態で気づけず)

ピニオンギヤのサイズを変えて組み直したらバッチリ100点で気持ちよく納車となりました。エンジン動画はインスタグラムをチェックしてください。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

車検や整備などなど

最近の作業をサラサラーとご紹介。

一つ一つ確実に作業。こなすのが精一杯で細かい写真ありません(笑)

オープン当初からのお付き合い、いつもありがとうございます。今回は車検、オイル交換、タイヤ交換、充電器の取り付けとグリップ交換で気分転換。

こちらはユーザーで一度トライしたものの不合格でお預かり。

カスタム車両の車検お気軽にお問い合わせください。

リクエストのオイル漏れ修理も。犯人はここでした。組付け状態だと分からない感じでした。

ピカピカにして納車~。

再び入庫のFXSはクラッチ交換とスプロケットを48T→51Tへ。乗り方は人それぞれなのでオススメのスプロケットギヤ比も人それぞれです。

最近ようやくノンストレスで乗れるようになったそうで最高だそうです。ありがとうございます。

CBも車検整備、タイヤ交換、マフラー穴あきで年式違いのマフラー取り付けましたがステー合わず作り直し、排気漏れでなんやかんやえらい目にあいましたがバシッと装着完了でこだわりの四本だし完成。車検も心配無用です。ありがとうございます。

 

車検や引き取り等で不在の場合もあります。お手数をおかけしますが、ご依頼は事前にご連絡いただきますようお願い致します。

SR400 Chopper 路上復帰

長期保管のSRチョッパー。エンジンは掛かったものの、パスパス、エンスト。。。

初めましてのお客様。悪いところあればお願いしますって感じで車検も切れてしまってますのでハイエースで引き取り致しました。

当店は長期保管、不動車の率多めですね(笑)

車検整備、路上復帰、カムバック、全力サポート致します。

 

プラグの状態からしても以前から調子が悪かったのでは。。。

キャブレターOH ジェットもしっかり詰まっていました。もともとのジェットは当てにせず、セッティングやり直します。インシュレーターも破れていたので交換。

タイヤだめですね。

ニップルがナットに激突していたようです。

現在ではお巡りさんに言われてしまうので、縦ナンバー→ヨコヨコナンバーに変更

ヘッドライトもぱっくりで交換

車検前にオイル交換、確認して良かったです。オイルカラカラでした。

FCR、ジェットが多くて大変ですが、いつも通り、一つ一つジェット確認、試乗を繰り返します。

ヨコヨコナンバーは1.6mmの薄板で強度が高くなるようなデザインで製作。メッキ仕上げ。以前の6mm厚の縦ナンバーステーより軽く、以前よりブルブルしません

 

絶好調になってオーナー様、通勤で乗りまくってるそうです。ご依頼ありがとうございました!

 

FLH エンジンOH ラスト

ちょっと時間あいてしまいましたがFLH続きです。

プライマリーをばらしたついでにリクエストのミッションオイル漏れ修理。サンダンスシールを選択。

 

この段階でオイルを回してクランクへの潤滑を確認

 

そしてシリンダーを組み込んだ段階で正確な上死点を調べることが出来るのでここでカムタイミングを確認しておきます。

 

ちょっと説明は省きますがこの方法が一番正確な判断が出来ると思います。細かい話はまたの機会にでも。

 

タイミングがズレていた場合ははカムギヤを外して入れ直し。

このカムは合格でした。組み上げたあとで悩むより、すべて不安要素を取り除いてから組み上げ。

キャブ調整、点火時期、いろいろやってもクシャミやエンストが直らない。。。なんて人はカムタイミングを疑ってみましょう。

 

工具を製作してケースをグリグリ気づ付けないようにシール交換。

 

セルオンリー、ハイカム仕様なので、バッテリーの充電がとても大事。32Aにアップデート(エボと同じになります)

項目がとても多いので要点に絞って一気にいきます。

クラッチナットのシールは面一が正解ではありません。今回はシャフトのコンディションの良い場所を狙って奥に押し込んでます。

シャフトの先端が細いのでシールが当たらないと漏れます。

シールを二個入れる技があるみたいですが、外側のシールがシャフトに当たってないと一個が無駄になります。よく確認して入れましょう。

口うるさく話しているアース不良のこれはレギュレーターの場合の予防策。

ガバナがオイルレスのカラカラで組まれていることも多いですね。すぐガタガタになります。摺動部分なので潤滑お願いします。

大事なブレーキ部分のネジは面倒でも割りピン仕様にして物理的に緩まないように。

パット鳴きが酷いので溝&テーパー加工。

試乗中にスローアウトベアリング焼き付き(泣)

納車前で良かった。。。試乗の重要さを再確認。

 

ショベルでも前期タイプの傘車を取り付けてる車両を多くみますが、このタイプのスローアウトベアリング自体が壊れやすいものという話ではありません。要点をしっかり押さえて組めば良いものだと思います。

よくあるのはクリップが外れてバラバラになる不具合。爪とのクリアランスを調整してください。

爪の高さはワッシャーで調整して傘車のセンターに行くように。

それでもギリギリな場合は爪をテーパーに逃がし加工を入れておきます。

と、まぁいろいろ面倒なので前期タイプを選ぶってのも納得ですね。

何日かに分けて合計150キロほど走行しました。冷えたり暖まったりを繰り返してヘッドボルトは若干緩むのでトルクチェック。

スペースの問題でアダプターをストレートで仕様するときはトルク値を計算し直してトルクレンチを設定します。

大変お待たせいたしました。また、車体回り細かい部分のご依頼お待ちしております。

ありがとうございました!

 

RECENT ENTRY

CATEGORIES

ARCHIVES

ページの上へ