blog

カテゴリー: メンテナンス

FLSTC 復活車検

初めましてのオーナー様で長期不動のソフテイルエボ復活車検です。一度しっかりショップにて整備をお願いしたいとのことで、公道復帰目指して頑張りましょう。

 

車検切れでしたのでハイエースで引き取り、エンジンは掛かりましたが不安定、ブレーキ固着していたので現場で分解だけしてひとまずガレージへ。

 

フロート室が接着ネリネりですでに怪しい。。。

これでは不調もじかんの問題。奇麗にオーバーホールします。

CVのウィークポイントもしっかり。ガソリンのインレットをブラスタイプに交換です。

キャリパー固着でパットが片減りしていたようですね。キャリパー分解、動きを良くして、パッド&ディスクローター交換。タイヤもカチカチ交換。

ブレーキ鳴き予防の面取りですが上端と下端を面取りをするとパットが当たらないローター上下端が錆びてしまい、パッドが減るごとにローターの当たり方が変化して錆部に接触、逆にブレーキ鳴きを誘発してしまいます。

また、面取りするほど接触面積が減って制動力が落ちますので、コントロール性を重視するのか、制動力を優先するのかは車両やブレーキにより異なります。

キャリパーシール注文したらちょっと微妙なのが届いて注文し直し。お待たせして申し訳ありませんが、急ぐと良い仕事出来ませんね。

ローター面が黒っぽくなってると引きずり&歪み発生の疑いありです。

リアはオーナー様リクエストのホワイトリボンタイヤ。新品は汚れ防止の水色のコーティングがかかってます。

Fフォークもきっと暫く何にもしてないので分解。オイルデロデロ。

無数の点錆が発生していて新品シール組付け時点でシールを傷つける可能性があるため、ニューシールを下から組みます。その際もエッジでシールを傷つけないようセロテープで保護。

 

 

カバードもかっこいいですが、メンテナンス性。見えなくなっちゃうのも考えもんですね。

フォグランプ、フェンダーなどは戻さずにスッキリ。

一気にボバー!! やっぱりカバードかっこいい!(笑)

試乗、セッティング。そもそもスポーツスター883より小さいジェットが入っていてもともとセッティング出ていなかったと思うので1からセッティング。

ですが中速のクシャミが取れず、もしやと思いガバナ点検。錆で動き出しが微妙らしく、15分試乗で一回クシャミ出る微妙な症状の犯人はこいつでした。

ということでガバナ交換。そしてここは潤滑油あげて下さいね。(笑)ちゃんと潤滑してる車両あまり見たことありません。

はい、気を取り直してセッティング1から

タペットブロックからオイル漏れ発生、今回は増し締め対応で止まりました。セッティング決まって今は絶好調なので、将来的にEGのオーバーホールご検討ください。

その他不安視していたクラッチは問題なさそう。絶好調です♪

長期不動車は以前調子良かったは通用しません。やっぱり乗り続けることが一番のメンテナンスです。

 

 

ついでにエアクリーナーもリクエストでスモールタイプに交換。

Fウインカーはステーを作って移設。

リアフェンダーのショート加工やシーシーバー、シートの製作もご相談頂いてましたが、作業がモリモリになってしまったのと、いい時期に乗れなくなってしまうのでひとまずこれでフィニッシュです。

 

下手にいじるより全然かっこいいストリップボバーに変身です。ご依頼ありがとうございました。

ショベル リッチモンド車検 ②

動画は前期ショベル、バナナキャリパーの調整&引きずり気味で乗っていたためのディスクローターの歪み

ここから画像拝借系

ドラムブレーキからディスクブレーキに切り替わる時代。ショベル前期で採用されたバナナキャリパーはピストンにスプリングを付けてリターンさせる構造。

このキャリパーがざっくりいうとパッドの隙間をメカニックが調整してあげないといけない構造。ブレーキパットが減ったらまた、メカニックが調整。その調整もシリンダーの摩耗などで上手くいかないことが多発。Oリング後ろの圧入具合を調整しなければなりません。圧入具合を調整?出来ますけど結構難しいです。

OHしても暫く乗るとまた引きずりなどが発生したり、、、どうしてもフルノーマルにこだわりたいという特別な理由を除き、社外や、後期キャリパーなどへの交換をオススメします。

前期ショベルのバナナキャリパーがダメだったのですぐ後期ショベルには構造が改善されました。それは現在に至るまで変更のない優秀な構造です。

 

 

後期ショベルは現行車と同じ構造です。ドラムブレーキではブレーキシューをスプリングで引っ張ってますから、ブレーキを離した後にシューが戻るのは分かりますが、このピストンはリターンスプリングありません。ブレーキを踏んだ後、どうやってピストンが戻っているか、ご存知ですか?

ズバリ、ピストンシール断面が四角いからです!

画像のようにゴムの弾力分ピストンが戻ります。なので戻りが悪い時はシールの劣化を疑えば〇

 

 

 

戻りやすいようにピストンシールの溝はじつはテーパーになっています。これならパッドが減ってもパッドとディスクの隙間は一定の自動調整システム。

当たり前と思ってることが実はとても計算されているということ。

そしてやっぱりブレーキなのでしっかりしてないといけないということ。

 

バナナキャリパーボディのガタばかりフューチャーされていてもっと重要な前期、後期の大きな違いを知らない人が多いのが個人的に???

 

ちなみに見分け方はブリーダーサイズで分かります。お調べください。もちろんピストンだけ後期型にとかは出来ません。

 

前期バナナキャリパーのOHも出来ますが、金額が結構びっくりかもです。前期バナナで行きたい方はパットが減ったら定期的に特有の調整、メンテナンスをおこなってください。走行後にキャリパーが熱々になっていたらキャリパーOH&ディスクローター交換が必要ですのでご入庫下さい。

 

 

ということでリアブレーキシステム一新。

引きずりで歪んでしまってるローターも交換。

絶対緩んじゃいけないとこはセーフティ加工。

パットの面取りは左右のみ。上下を面取るとパットが減るごとにディスクの当たり方が変化してしまいます。

社外キャリパーキットに交換。新品でもチェックチェック。

 

 

 

 

 

タブを追加。これで改善と思ったら今度はマスターシリンダー側のステーが強度不足。。。

簡易的ですがこれでやっとかっちり効くブレーキに。ブレーキパイプは製作しました。

ブレーキは最重要ですね。ありがとうございました。

ショベル リッチモンドカスタム&車検

車検前に待ちきれないということでリクエストのリッチモンドシフトカスタムで入庫しました。いつかはオープン化とのことで今回プライマリー外すし、二度工賃もったいないので今回一緒にオープン化オススメしました。

お持ち込み頂いた取り付けステーは転倒時にエンジン破損の恐れがあり、恐ろしいので却下させていただきました。

転倒時にガードになるように製作します。もちろんカッコも良く(・∀・)イイネ!!

ネジヘリサート加工は想定内

造った感ない感じで車両に似合うよう製作。売ってませんのでご注意ください(笑)

オープン化時にオイルシールを純正と逆に組み直しますが、すでに間違えて組んでありました。。。そのままで。

 

車検前に完成しましたが、納車後すぐにリアブレーキ引きずり、車検のタイミングなのでそのまま再預かり。。。

見始めるといろいろ出てきます。

預かり車両をよーくチェックして脅しのようにあれこれ作業を進めたほうが良いのか、否か、それをなるべく予算内に。。。この辺は永遠のテーマです。

 

聞けば以前ブレーキが効かなくなったことがあり修理経験があったそうで。。

 

オーナー様が気にならない些細なことでもお話してもらえると原因追究時間が短縮になります。特に謎のエンストや始動不良などは根掘り葉掘り事情聴取します(笑)

 

プランジャーのピンがボルトになってるのも嫌ですが、ステーの下が取り付けされていません。

フレームにあるはずのタブがカットされています。

隣にあった製作中のショベル。ここにタブが必要です。純正はもっと背の高いタブですが、なるべくオイルポンプのメンテナンス時に邪魔にならないようにスモールに。

フレーム固定の重要性、プランジャーがマスターシリンダーを押す力と同じ力がプレートに掛かります。(作用反作用の法則)下側の固定がないためプレートが逃げてます。ステップが動いているのがわかりますね。ミッションもこれだけ不可が掛かるとズレやすいでしょう。

力が逃げている分ブレーキの利きも悪いです。FXタイプコントロールに限らず、カスタムされたハイステップミッドコンなどは自分が見かけた限り、ほとんど同じようなことが起こっています。

もちろんマスターシリンダー側の固定も重要ですよ。そしてプライマリーベルトorチェーンの調整を考慮して長穴にする必要があります。ペダル側はプレートの穴が長穴になっています。

 

漏れてるのもアカンですが、なんか突っ込まれている??

ブレーキティーを支えているのはブレーキパイプ。。。

入れ込んだ棒の径がプランジャーと異なることから、店に転がっていた短いプランジャー取り付け→届かない→中につっこんどけ→ブレーキパイプのFXタイプは現在入手不可→短いので繋いじゃえ

といったところでしょうか?

ブレーキプランジャーが細いのは圧力を高めるため。スニーカーよりもハイヒールで踏まれた方が痛いのは圧力=力÷面積だからです。(特殊な人しかハイヒールで踏まれたことないと思うけど想像してください)

ただ、細いと軸方向以外の力に弱い。なのでピストンに窪みを作って力がブレないようにしてあります。

リアブレーキ一新が必要です。

錆も多く、直ぐに交換を判断。シリンダーをペーパーで磨いてバッチリになった経験ありません。

 

 

ヤレヤレ派の方や屋外保管の方に多いですが、何もしないと中も錆びます。過去に早く雰囲気を出したくて、雨ざらしにしてプッシュロッドの中が錆びつき、不調になった車両がありました。

ヤレヤレでもメンテは欠かさないでほしいです。どうしても屋外保管になってしまう方は、コマめなグリスアップをして赤錆にならないようにして下さい。スプレータイプのグリスと歯ブラシなどを使うと手も汚さずオススメです。

更に前期バナナキャリパーはそもそも構造上欠点がありますので交換。長くなってしまったのでその二に続く。

SR400 プラグ交換 動画

続いてプラグ交換の動画です。

 

古いオートバイに乗っていて正しくプラグ交換が出来るor出来ないで路上復帰率がかなり上がります。

むしろ他の事は故障探求も現場修理も難しいので覚える必要ありません。(旅人は別ですが。。。)

トラブルに合わずに乗り続ける人もいらっしゃいますが、プラグ交換だけでもマスターしておくといざという時良いですね。

ショベルリジット エンジンOH

他店で購入、他店で車検、その後、始動不可。。。

そーゆーショベルが跡を絶ちません。ご購入を検討させている方はご予算の都合や早く乗りたい気持ちがあるのはわかりますが、ヴィンテージモーターサイクルは車両探しに時間を掛けて、良い車両と出会うことを願います。むしろ調子抜群なショベルが町に溢れることを願います。

 

バラシ前のチェック。リアが被っております。

お預かりした時に自分が鬼キックしたらタンタンタン!!!と単気筒のようでした。

原因は安物ガスケット使用の為、ガスケットが飛んでオイルラインからオイルを吸ってしまったようです。

 

 

上もダメそうでした。

全体的にOHして間もない雰囲気でしたが、各パーツの虫食い等が酷く確信犯的でした。

 

結局クランク以外やり直しです。

バルブスプリングが見慣れないカラーが付いてるなー

なぜ強化スプリング用?

左が元々組まれていたスプリングで、右が取り寄せた純正タイプ

右はまだ余裕があるのに対して左は潰れ切ってます。

なるほど、それで潰れ切っちゃうと困るので強化スプリングカラーで緩ーくしとけばぶつからないって感じですね。

でもそれだとスプリング弱くなってしまうな。。。乗ってたから問題ない?いや、もともと調子良かったかも分からないので全部純正と同様、マニュアル通りのスプリング圧力に組み直します。

プラグネジ部はリコイル修理がびよーんてなってて残念だったので今回スリーブ加工でバッチリに直しておきました。

もうここのシールの組み方間違えてても驚かなくなりました。。。

 

エンジン積んだらベルトが緩いのに気づいてアライメント調整しようと思ったらミッションのワッシャーもぐにゅぐにゅでここはゴツワッシャーじゃないとだめですよ。

一度組んで完成。試乗して絶好調でプラグの焼けもバッチリでしたが、どーもメカノイズが気になってカム周りやり直しました。

カムも交換してカムタイミングも合わせて、ギヤは相性があるので元々のギヤを使用したんですがそれが緩かった模様。つまり元々音が出ていたんだと思います。(預かり時はすでに単気筒状態で気づけず)

ピニオンギヤのサイズを変えて組み直したらバッチリ100点で気持ちよく納車となりました。エンジン動画はインスタグラムをチェックしてください。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

RECENT ENTRY

CATEGORIES

ARCHIVES

ページの上へ