blog

カテゴリー: メンテナンス

SR400 プラグ交換 動画

続いてプラグ交換の動画です。

 

古いオートバイに乗っていて正しくプラグ交換が出来るor出来ないで路上復帰率がかなり上がります。

むしろ他の事は故障探求も現場修理も難しいので覚える必要ありません。(旅人は別ですが。。。)

トラブルに合わずに乗り続ける人もいらっしゃいますが、プラグ交換だけでもマスターしておくといざという時良いですね。

ショベルリジット エンジンOH

他店で購入、他店で車検、その後、始動不可。。。

そーゆーショベルが跡を絶ちません。ご購入を検討させている方はご予算の都合や早く乗りたい気持ちがあるのはわかりますが、ヴィンテージモーターサイクルは車両探しに時間を掛けて、良い車両と出会うことを願います。むしろ調子抜群なショベルが町に溢れることを願います。

 

バラシ前のチェック。リアが被っております。

お預かりした時に自分が鬼キックしたらタンタンタン!!!と単気筒のようでした。

原因は安物ガスケット使用の為、ガスケットが飛んでオイルラインからオイルを吸ってしまったようです。

 

 

上もダメそうでした。

全体的にOHして間もない雰囲気でしたが、各パーツの虫食い等が酷く確信犯的でした。

 

結局クランク以外やり直しです。

バルブスプリングが見慣れないカラーが付いてるなー

なぜ強化スプリング用?

左が元々組まれていたスプリングで、右が取り寄せた純正タイプ

右はまだ余裕があるのに対して左は潰れ切ってます。

なるほど、それで潰れ切っちゃうと困るので強化スプリングカラーで緩ーくしとけばぶつからないって感じですね。

でもそれだとスプリング弱くなってしまうな。。。乗ってたから問題ない?いや、もともと調子良かったかも分からないので全部純正と同様、マニュアル通りのスプリング圧力に組み直します。

プラグネジ部はリコイル修理がびよーんてなってて残念だったので今回スリーブ加工でバッチリに直しておきました。

もうここのシールの組み方間違えてても驚かなくなりました。。。

 

エンジン積んだらベルトが緩いのに気づいてアライメント調整しようと思ったらミッションのワッシャーもぐにゅぐにゅでここはゴツワッシャーじゃないとだめですよ。

一度組んで完成。試乗して絶好調でプラグの焼けもバッチリでしたが、どーもメカノイズが気になってカム周りやり直しました。

カムも交換してカムタイミングも合わせて、ギヤは相性があるので元々のギヤを使用したんですがそれが緩かった模様。つまり元々音が出ていたんだと思います。(預かり時はすでに単気筒状態で気づけず)

ピニオンギヤのサイズを変えて組み直したらバッチリ100点で気持ちよく納車となりました。エンジン動画はインスタグラムをチェックしてください。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

アーリーショベル カスタムと車検

 

数年ぶりに車検ということで眠りから復活目指します。ありがとうございます。

あといろいろやりたいことあるみたいですが、とりあえず整備を優先させて先に車検を通させて下さい。後からいろいろ出てくるとお互い辛いと思いますので。。。

写真はいきなりタイヤ前後交換後です。

その他油脂類交換。バッテリーももちろん上がってるので交換。

言ってるそばから。まぁエンジンは始動できて問題なさそうなので、キャブのOHぐらいで済みそうです。

以前は調子良かったと思ってもそれが有効なのは乗らなくなって2~3か月ぐらいと思ってください。一番良いのはメンテナンスを続けながら乗り続けること。

長期不動から乗りだすにはそれなりに整備が必要です。

 

 

新たにトルコオイル取り扱い始めました。

この滲みはプラグの締め付けが弱い証拠

やっぱりね。過去のブログで詳しく書いてます。

ベルトが寄って締まって内側が擦れてえらいことに

アライメント調整です。

その程度で無事車検も通り、試乗も問題なしとなったところでカスタム作業へ。

聞けば、買ったときそのままのスタイルなので自分好みにしたいとコツコツパーツを集めていたそうです。

 

持ち込みパーツ取り付けもご相談下さい。

タンクは怪しさ満点(笑)の為リークテストしてから取り付け。

ヘッドライトはステーがスプリンガー用のもので合わなかったのでライトステーは製作。

ハンドル交換。

タンクの取り付けも変わってしまうのでフレームにネジカラー溶接

スチールプライマリーカバーも取り付け。これもパンヘッド用なのですんなり付きません。

インナー干渉部逃がしたり、エンジンサイド取り付け用大ワッシャー製作。

 

シェルも干渉するので切削加工しました。

そして熱がこもってベルトが切れないよう通気口ドリルド加工。

車両の雰囲気的に無造作ドリルドにしてみました。

苦労しましたがこのカバーやっぱりかっこいいですね。

そしてプライマリーカバーによって今までのステップが使用不可。ステップもシンプルなものに作り直し。

ひと手間加えてステップを蹴飛ばした拍子に緩まないような構造に。

走行中ステップに力を入れた時に緩むと危険なので。これなら安心。極力シンプルにしたいと思ってこうなりました。

シーシーバーもお持ちいただいたのがリジット用で曲げたりステー製作したりといろいろやりましたが、ネジネジを作る手間を考えたらワンオフするより楽でしたね。

ガラッと自分スタイルに変身、整備もバッチリで走るのが楽しみですね。

 

シートもお持ち頂きましたが、コンディションの悪さと、取付にフェンダーも見直す必要があり、その費用でワンオフシート作れちゃうのでご相談の上却下となりました。

シートは細かくバランス見れるし、ピッタリに製作出来るのでワンオフの方が良いと思います。

マフラーもポン付けは良いですが、ちょっと伸ばしてとか。。。ちょっと角度が。。。なんてやってるとワンオフマフラーと値段変わらなくなってきます。だったら仕上がりの良いワンオフにしちゃったほうが〇

 

ケースバイケースですが、持ち込みパーツは場合によってお断りする場合がありますので事前に相談下さいね。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

エンジン修理 ロングフォークショベル

エンジン片肺になりレッカーです。プラグやコイルの巻替えで簡単に電装系をチェックしたものの異常なし。

リアの圧縮がない。。。

最後の頼みでプッシュロッドを外してキックするものの圧縮なし。エンジンバラシ決定です。

オイリーですね。

圧縮抜けの原因はバルブが閉じ切っていませんでした。

カーボン堆積が原因か?

いえ、原因はバルブ同士がヒットしてバルブが曲がったようです。

ヒットの痕跡あり。

 

バルブがヒットした原因は、エキゾーストバルブが焼き付いたことでバルブが出っ放しになってインテークと激突したんでしょう。

さぁここまではいいんですが、問題はなぜ焼き付いたのか?

オイル不良ならオイルポンプやオイルラインの確認も必要になります。素性の分からないエンジンですので。

でもオイル不良であれば一番遠いフロントインテークからトラブルが起きるのでは?

う~ん。

原因は意外なものでした。上の写真、二枚目が焼き付いたガイドですが、色が黄色っぽいのが分かります。ここだけバルブガイドがリン青銅のものでした。残り三つは鉄製。。。

しかもバルブガイドの受け部が面加工してあるものとないものと。。。バルブロアカラーも上手く座ってなくて簡単にいうと滅茶苦茶です。

 

 

バルブと相性が悪く、摩耗が早まったのか、そもそも前回のオーバーホールで一か所だけガイドを交換しなかったのか。

その辺は全作業者に聞いてみないとわかりませんが、根本の原因が分かったのでそこを改善すれば〇

 

おそらく多くのオーナー様が修理費用は抑えたい、乗れてたから他は大丈夫なのでは?。と考えて、

多くのメカニックが心配なので全部確認したい、ガイドの件もあるので他の部分も怪しい。と考えます。

 

ここまでやるとこんな可能性があってこーすると費用的にこうです。と様々なパターンを提案、打ち合わせをしてご納得頂いた上で、今回はヘッドだけのOHコース。

もちろん出来たら一度すべて見てしまった方がいいにきまってます。

 

 

カムは覗いて確認。焼き付いた個所のプッシュロッドは曲がってしまったので交換です。

一か所だけバルブガイドが違うのがわかります。残念です。次は笑顔で乗れるように。

超音波洗浄でヘッドクリーニング

トルク管理、ネジチェック。

座面右側が薄っすら削れてるのはバルブカラーの逃がしを加工。ちゃんと削ってないのは、破れることもあるからで最小限です。

最小の費用でバルブ回りがしっかり組めるようにあれこれやってます。ヘッド交換なんてしたら。。。💰

一応バルブの干渉、オーバーラップ確認。

シールを組む時に保護テープ。

長寿命の鉄ガイドとオリジナルシール。

クラッチの切れも悪いのでチェックしたらいろいろ出てくる。

クラッチ交換、ベアリング破損してたので交換、対策も〇

 

真ん中のボルトは回転します。ガスケットに押し当てられて負荷が掛かってました。

当たらないように加工。

 

普段必ず試乗、確認してますが、どーしても今回は乗る自信がなく。(笑)

長いだけならいいんですが、これでドッカンロケットスタートスーサイドで、とっさにぶったおすイメージしか出来ません。

一台乗り続ければ慣れますが、仕事柄、いろんなバイクに乗るのでと言い訳(笑)

 

キャブセッティングもオーナー様に走ってもらってプラグチェックを繰り返しました。

 

後日謎のエンスト症状があり再修理、原因はガバナ進角のガタが悪いことをしていたようで改善しました。大したことではないですが、わからない段階ではオーナー様ご心配おかけしたと思います。

やはり試乗は大事ですね。ご依頼ありがとうございました。

運転の練習しておきます。

SR400 車検

遠方よりSR400カスタム車両の車検依頼です。わざわざありがとうございます。

 

ナンバープレート破損は再交付。どこのナンバーでも再交付可能です。再発防止にナンバープレートステー追加。

 

 

車両はサイドスタンドが合わず直立気味。それが原因で転倒していまい、そのまま車検切れ。

今回は転倒の修復と車検の取得、久しぶりの復帰なのでその他諸々整備といつもの感じですね。

ホーンは鳴っていなかったのかな?

リクエストありませんでしたが、ドラムの状態が悪かったので研磨しておきました。ブレーキフィーリング、鳴き、改善していると思います。

スポークも緩みがあり危険な状態でしたので張り直し、振れ取りです。

転倒により曲がってしまったハンドルは交換。少しだけ幅詰め。

クランプ部回り止めの加工をしておきました。

オーナー様遠方なので僕が跨って写真で雰囲気をご連絡しました。基本お任せでしたので作業はどんどん進めました。

リクエストの「お尻が痛いのでどーにかして欲しい」

サスペンション交換。新品のサスペンションをバラバラにしちゃいます。

間にこんなパーツを製作して組み込み。

サスペンションを固くしてタイヤとフェンダーのクリアランスを保つ方法はやめて、ストッパーを加工してフルボトムした時にタイヤとフェンダーがぶつからないようにしました。

これでサスペンションを柔らかいセッティングにできます。

底付きするようならセッティングを固くしていきますが、一番柔らかいセッティングでも問題ありませんでした。乗り味が楽しみです。

 

摩耗したキックも修正。

 

 

段差?にヒットして変形していたマフラーステーは除去。安全な場所に移動、なるべく溶接面積を増やしてコの字型に溶接しました。

開始 スポーク緩み発見

09秒~ バネ無しでサスペンションを仮組 フルボトム状態でタイヤとフェンダーのクリアランス確認。

更にシートを作り直し

これは見た目goodですが座り心地が悪かったのでもう少し水平に盛り直しました。

でシート完成。

タイヤも交換してハイトが高くなったらサイドスタンドも丁度良くなりました。乗りやすいボバーに変身です。

帰りは兄弟でツーリングがてら帰宅。兄弟共通の趣味っていいですね。

帰宅後「路面のギャップにビクビクしなくて良くなりました」とコメント頂きました。

気にしないで走れる→楽しい!なので個人的にはやっぱり乗りやすいバイクが最高ですね♪

 

次はキャブセッティング煮詰めとクラッチのライトスプリング化でしょうか。ご依頼ありがとうございました。

RECENT ENTRY

CATEGORIES

ARCHIVES

ページの上へ