blog

カテゴリー: ショベルリジット

ショベルチョッパー 足回り整備

 

 

ショベルチョッパー リアタイヤパンクでピックアップしました。

溝もないのでタイヤ交換です。

 

ブロックパターンをオススメして交換しました。かっこいい。。。車両の雰囲気に合ってると思います。

続いてきかなくなってしまったFブレーキへ。 ????

なんとパットがなくなってしまって、ピストンで制動していた模様。。。

 

キャリパー交換ですね~と思いきやグリメカ30パイキャリパーは生産中止で手に入らず。ブレーキシステムをそっくり別の物へ交換となると高額になってしまうし。。。追い込まれました。

ピストンの面を修正すれば問題ないかと思い、ディスクの厚み、キャリパー内の可動域から寸法確認しました結果、ピストンの長さがギリギリ。。。。

ブレーキですので、万が一も許されません。新規で製作し直すことにしました。なんかそんなことばっかりやってる気がする笑

マイクロメーターで測定。今回は精度が大事です。

小型の古い旋盤ですがいい仕事してくれました。

ピストンなので表面粗さに気を使います。面が粗いとオイル漏れの可能性が出てきます。

神経を使ったので気疲れしました。

とてもいい感じです。

 

Fディスクローターも摩耗してしまったので交換です。

 

これだけ遊びがあります。自動車のホイールのようにテーパーボルトでしたらズレないんですが、そこまで加工したりしたらやりすぎですかね?回転方向と逆の方向に押し当てて取り付ければ急制動時にもズレてネジが緩む可能性はなくなります。出来る限り気を使います。

ハーレーはネジが緩むなんて言いますが、ちょっとしたことでも気をつかえば結果は変わるかなと。

 

その他エンジンは絶好調ですね♪ブレーキもしっかり直って安心して飛ばせるチョッパーになりました。ありがとうございました!!

ページの上へ