sale

W650 project

W650 持ち込みカスタムのご依頼。なかなかカスタムベースとしては難しい車両ですが、とても乗りやすく、普段の足にも遠出にも使える素晴らしいバイクです。そんな車両を走りを犠牲にせずにそのままかっこよく出来たら最高ですよね。

っていう欲張りオーダー♪そんなお題をやってくれそうかな~と当店に白羽の矢が立ちました。

群馬県で人気のアパレルショップ ミスターオールドマンのオーナーさまからのご依頼です。

 

打ち合わせも何度も重ねて話し合い、「スクランブラーチョッパー」にテーマを決めました。

ばらす前にいろいろチェック。カスタム後に乗りずらくなったりしないように考えて。。。

今回の車両はやはり、「乗りやすいしカッコイイし楽だし全部最高」が目標なんですが結構難しいです。(笑)

エンジンがヴィンテージのトライアンフとかならそれだけでカッコイイし。フレームを旧車の設計にすればかっこよくなりそうですが

それだとW650ベースでやる意味が無いですね。

自分がカスタムする上で凄く気になったのがW650の間延びしたスイングアーム。これにより全体のバランスが悪いんですが、これにより軽快なハンドリングやW650の乗りやすさを生んでいるのでここをいかしたままバランスをどーにかしなければならないという部分にかなり頭を悩ませました。

フロントトリプルツリー スペシャル加工、そしてバランスを取るためFフォーク少し伸ばしました。伸ばしてます!感が出ない程度に。

 

 

タンクはボンネビルタンクを使用。バランスを調整したいため完成品は購入せずにトンネルは製作。それだけで一気に作業量アップ(笑)

 

W650はプラグメンテナンスを考えてトンネルも複雑な形状に。メンテナンス性大事ですから。

 

メーターはタンク埋め込み。

「何もいらない」というマイナスのカスタムをこのWはやっていきたいので。これでメーターステーという一つの部品が減ります。

メーター装着の状態でもサイドビューはスッキリするでしょう。

シートをフレームの中に納めたくて、強度的にプラスチックのボックスに座るわけにはいかないのでシートベースのベースを製作。(笑)

リアフェンダーのステー製作も見えなくなりますが頭悩ませて作。

 

 

リクエストにあったヒートガードは元々が野暮ったいので作。二本をまとめたヒートガードですとどうしても野暮ったいよね、ってことで一本ずつで製作。地味。

 

 

いつも感じていたグリメカレバーって遠すぎ問題。海外の人そんな手デカいん?

製作してみます。と言っても溶接では強度不足なのでこれを型に鋳物で製作。

 

ヘッドライトステーもバランスを決めるため製作。

 

車高も変わったのでサイドスタンドも。何かを変えると全部変えなきゃいけなくなってくる。。。しんどいです(笑)

 

サスはわざわざ一度分解。カバー取りたいだけ。

ほんのちょっとですが、そのためにライザーを大加工。

シート打ち合わせ

配線加工。いらないものまとめてスッキリ目立たないように。

完成間近です。最後まで気を抜かずに頑張ります🎵

 

RECENT ENTRY

CATEGORIES

ARCHIVES

ページの上へ