blog

カテゴリー: リペア

エンジンOH FLH その1

エンジン暖気後に金属系のキンキン音、マフラーから白煙、気持ちよく走れないのでこれを機にエンジンOHすることになりました。

奇麗な車体を維持されてますね。大切に乗られていたのがわかります。

プラグはオイルで塗れてしまっています。

 

少し、二次エアーの痕跡

確認しつつ、こーなのかも、あーなのかもと想像しながら分解、

これ私初めてなんですが、ヘッドがフレームに干渉して出てきません。

プライマリー周辺のオイル漏れもやる予定なので先にプライマリーバラしてエンジンをずらす羽目に。

その他もフルドレスのショベルはあれ外すのにもあれ外さないとって感じで結局全部バラさないとアクセスできん感じで大変です。

デロデロっす。

ずっと気になってましたが前後でシリンダーが違いますね。おまけにガスケットまで。

理由は後程判明。まぁ予想の域はでませんが。。。

さんざんショベルのO/H風景もネット上であれこれと乗ってますのであまり見かけないことでも載せてみます。もちろん見飽きたようなものも載せます。

 

 

精密な測定には温度管理が大事です。20℃の時に正確な数値でますよってこと。

でせっかく温度管理したとしても手で温めてしまっては意味無いので、マイクロメーターの表示の黒い部分を持ちます。

ここは熱を通しにくい素材になっております。

 

スプリング測定(撮影用なのでテキトーです)

ここで問題あり。それも後程。。。

写真だけで気づいた人はお見事です。

 

一通りチェック、計測、完了して洗浄作業に入ります。

化石ガスケット剥ぐだけで一日。。。

右がアルミナ仕上げ、左がガラスビーズ仕上げ。

ガラスビーズの方が奇麗になるし、残ったアルミナを取り除く効果があるので最終的にガラスビーズ仕上げで。

先は長いですが今から完成が楽しみになってきました。

リトルカブ スタンド修理

サイドスタンドが走行中に降りてしまう不具合でリトルカブ入庫。危ないですね。原因はなんでしょうか。見てみましょう。

スプリングが伸びたのかな?と思いきやスタンド取り付けの穴が摩耗してガタガタですね。

これはステップごと交換ですと思いきや、ステップパーツ廃盤でした。。。なるほど、それで他店でお断りされたのか。。。納得。

 

 

塗装はがして確認。ごっそりけずれてます。

バネひっかけ部もご覧の通り

今回は溶接モリモリ&成形&シャフトに合わせた穴を開け直しの方法で

ガタなくスムーズ。バネのテンションも正常になりました。

 

ついでにオイル交換も

お仕事で使われるそうなので、確かにいちいちセンタースタンドは面倒ですね。

ご依頼ありがとうございました‼ご近所なのでまた何かあればご相談ください。

ヴィンテージワッセルタンク ガソリン漏れ修理

ガソリンタンクの漏れ修理依頼です。取り付けはオーナー様が行いますので、僕は溶接修理とインナーコーティングのみの作業です。

 

泡がブクブクしてるところにピンホールがある模様。さらに動画をよく見るとなぜか取り付け穴からもブクブク。。。

 

 

タンクの取り付け位置のために加工したようですね。プレートが合わせてある隙間の奥に漏れてる場所があり、外からは修理不可能。。。

更に真鍮ロウ付のようなもので漏れを止めようとしたのか、これを綺麗に除去しないと溶接出来ない感じに。。。

 

こうなると厄介ですね。下手にいじらない方が安く修理出来ます。

さてどうしましょうか。。。

 

 

はい出来ました笑

結局マウントタブを綺麗に切断してタンクだけの状態にした後に漏れてる部分をピンポイントで溶接。

その後、タブを溶接し直しました。

古いタンクは鉄の状態が良くないので溶接したことある人しか分かりませんが、泡吹いて上手く溶接出来ない時がありますね。

そうならないようにタブの溶接は溶接棒を変えました。流行りのシリコンブロンズとかではないです♪

念のためコーディングまでやれば完璧ですね。

自分でトライする精神はリスペクトです。(自分もそっち派なので)

困った時は相談だけでもお気軽にどうぞ。取り返しがつかなくなる前に、最善策を一緒に考えましょう♪

ページの上へ